仲介手数料ってなに?いくらかかるの?

 

不動産を売却した時の手取り金については、先日投稿しました。

 

「前回の投稿」

不動産を売却したら、実際いくら手元に残るの?

 

 

この中の項目①にありました「仲介手数料」について

 

少し深堀して説明してみようと思います!

 

 

そもそも、

 

 

不動産を売りたい人

仲介

不動産を買いたい人

 

 

上記のように売主と買主を結ぶ(仲介)のが、私たち不動産会社です。

 

不動産を売るためにチラシ広告を出したり、訪問営業などの仕事をします。

 

縁あって不動産が売れた時に、売主と買主の間で売買契約が結ばれますが、

 

その手数料として、不動産会社に仲介手数料をお支払い頂くのです。

 

ただし、あくまで成功報酬の為、売れなければ支払う必要はありません。

 

 

前回のおさらいとして。

 

◆価格帯ごとの手数料率は

 200万円以下の部分  売買価格の5% + 消費税

 200万円を超えて400万円以下の部分  売買価格の4% + 消費税

 400万円を超える部分 売買価格の3% + 消費税

 

◆400万円越えの一般式は

 (売買価格 × 3% + 6万) + 消費税 = 仲介手数料

 

この6万ってなに?と思いませんか??

 

単純に利益上乗せしているわけではないんです(汗)

 

例えば1,000万で分かりやすく計算してみます。

 〇200万円まで 200万 × 5% = 10万円

 〇201万~400万まで 200万 × 4% = 8万円

 〇401万~      600万 × 3% = 18万円

 

これらすべてを足し合わせると

10万 + 8 万 + 18万 = 36万円 になります。

 

単純に1,000万に3%をかけると30万円です。

 

36万との差額の6万円を加え 36万円

 

これが仲介手数料の3%(+6万円)の根拠です。。

 

このように6万円は正規の仲介手数料の1部になりますので

 

余計に手数料を多く取っているわけではありませんよ。

 

参考になりましたでしょうか?

 

 

 

 

不動産を売却したら、実際いくら手元に残るの?

 

不動産を売る際には、諸経費が掛かります。

 

内訳をザックリお伝えすると、

 

  1. 仲介手数料
  2. 印紙代
  3. 登記費用
  4. 住宅ローン完済費用
  5. 税金
  6. その他費用

 

上記の費用が売却代金から差し引かれます。

 

 

売却代金 –(諸経費)= 手取り金額

 

 

この、「手取り金額」が最終的に手元に残る金額です。

 

これで最終金額が分かりましたが、諸経費を理解しておかないと

 

なんだか損してしまいそうな感じですね!(笑)

 

ですので、各項目の内容を詳しくご紹介します。

 

 

  1. 仲介手数料

 

売却成立に対して、不動産会社にお支払い頂くものです。

 

価格帯ごとに手数料率が異なります。

 

200万以下の部分  売買価格の5% + 消費税

 

200万を超えて400万以下の部分  売買価格の4% + 消費税

 

400万を超える部分 売買価格の3% + 消費税

 

400万を超える場合には一般的に以下の計算式を用いることが多いです。

 

(売買価格 × 3% + 6万)+ 消費税 = 仲介手数料

 

支払うタイミングは売却成立時になります。

 

 

 

  1. 印紙代

 

  参照:国税庁ホームページ

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7108.htm

 

 

記載された契約金額税額
10万円を超え50万円以下のもの200円
50万円を超え100万円以下のもの500円
100万円を超え500万円以下のもの1千円
500万円を超え1,000万円以下のもの5千円
1,000万円を超え5,000万円以下のもの1万円
5,000万円を超え1億円以下のもの3万円
1億円を超え5億円以下のもの6万円
5億円を超え10億円以下のもの16万円
10億円を超え50億円以下のもの32万円
50億円を超えるもの48万円

 

 

 

  1. 登記費用

 

住宅ローンが残っていれば、抵当権を消す為の抵当権抹消費用

 

登記簿の記録に記載の住所が違う場合は名義人表示変更登記費用

 

権利証をなくしている場合は発行費用など掛かってきます。

 

その際登録免許税と司法書士報酬額も必要になります。

 

 

 

  1. 住宅ローン完済費用

 

売却時、残っている住宅ローンをすべて支払う必要がございます。

 

住宅購入者より購入金が入り次第、それで返済するため、

 

販売者が事前に支払う必要はございません。

 

また、他にも繰り上げ手数料など金融機関に支払う費用があるため

 

事前の確認が必要です。

 

 

 

  1. その他税金

 

不動産を買った時よりも高く売却できた場合、その差額として出た利益を

 

『譲渡所得』といい、それにかかる所得税を『譲渡所得税』といいます。

 

 

売却金額 - 購入金額 = 譲渡所得

 

 

※売却金額には売却に係る費用も売却金額に含まれます。

 

  例)仲介手数料、測量費用等

 

 購入金額には買った時に係る費用も含まれます。

 

  例)仲介手数料等

 

税金の控除等特例もご参照ください。

 

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/05_2.htm

 

 

 

  1. その他費用

 

売却に際して、他にも

 

〇測量費用

〇リフォーム費用

〇建物状況調査費用

〇耐震補強費用

〇白蟻調査費用

〇ハウスクリーニング費用

〇引越費用

 

などなど状況に応じてかかる費用がございます。

 

 

 

以上が諸経費の詳細でした。

 

項目も多く、なかなか複雑だったと思います。

 

ですので、住宅の売却に関しては、より良い取引となるよう

 

営業担当と相談をしながら進めていくことをお勧め致します。

 

弊社では、売却の簡易査定を無償で行うなど

 

ベストパートナーとなれるよう、様々な施策をご用意しております。

 

上手にご活用いただければ幸いです。

 

お気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

 

住宅性能評価って、何?

 

新築をご検討中、「住宅性能評価を受けておいた方がいいよ!」

 

と言われたけど、よく意味が判らなかったという経験はございませんか?

 

「住宅性能評価とは?」

 

簡単にいうと、

 

国に認められた第三者評価機関が住宅の性能を評価したものです。

 

家を購入される方がより良い家を選べるように制定されました。

 

第三者評価機関が消費者の立場で、設計段階と施行中

 

数回に渡り厳しく検査を行い住宅を評価しますので、

 

家を購入する際の良質な判断材料となります。

 

 

 

 

では、どの様な基準で性能を評価するのでしょうか?

 

以下に、一般財団法人 住宅金融普及協会の評価基準をご紹介します。

 

 

1、構造の安全に関すること

地震などが起きた時の倒壊のしにくさや損傷の受けにくさ、強風や大雪に対する強さに関する評価をします。等級1でも建築基準法を満たす住宅なので、大地震が起きて倒れてしまうことはまずないと考えられていますが、性能表示を使うと評価機関が建築工事を検査するので、ミスや手抜き工事の防止に役立ちます。

 

2、火災時の安全に関すること

住宅の中で火事が起きたとき、安全に避難できるための、燃え広がりにくさや避難のしやすさ、隣の住宅が火事のときの延焼のしにくさなどを評価します。

 

3、劣化の軽減に関すること

年月が経っても土台や柱があまり傷まないようにするための対策がどの程度されているかを評価します。マンションなどで多く採用されている「鉄筋コンクリート造」の場合は、主に柱や梁のコンクリートがもろくならないための対策を評価します。

 

4、維持管理・更新への配慮に関すること

水道管やガス管、排水管といった配管類の点検・清掃・補修のしやすさ等を評価します。配管類は一般に構造躯体の修繕などを実施するよりも早く取り替える必要があるため、配管の点検や清掃のしやすさや、万一故障した場合の補修のしやすさなどを評価します。また、共同住宅については、間取り変更のしやすさの情報として、躯体の天井高などの表示も行います。

 

5、温熱環境に関すること

冷房や暖房を効率よく行うために、床・壁・天井や窓の断熱性能について、評価します。

 

6、空気環境に関すること

建材に使用されている接着剤の中に含まれるホルムアルデヒドという物質が、シックハウスの原因のひとつとされています。このため、建材に含まれるホルムアルデヒドについて評価します。
また、住宅の中で健康に暮らすためには適切な換気が必要なので、どのような換気設備が整えられているかについても評価します。

 

7、光・視環境に関すること

東西南北及び上方の5方向について、窓がどのくらいの大きさで設けられているかを評価します。

 

8、音環境に関すること(選択項目)

主に共同住宅の場合の評価項目で、上の住戸からの音や下の住戸への音、隣の住戸への音などについて、その伝わりにくさを評価します。(この評価はオプションです)

 

9、高齢者等への配慮に関すること

高齢者や障害者が暮らしやすいように、出入り口の段差をなくしたり、階段の勾配を緩くしたりというような配慮がどの程度されているかを評価します。

 

10、防犯に関すること

外部からの侵入を防止するために、開口部(ドアや窓など)に防犯上有効な建物部品を設置する等、進入防止対策がされているかを評価します。

 

一般財団法人住宅金融普及協会HPより引用

 

 

 

住宅性能評価のメリット・デメリットもご紹介しますね。

 

【メリット】

・住宅の性能を等級や数値でわかりやすく比較できる。

・「住宅ローン」や「地震保険」などを利用する際に優遇を受ける事が可能。

 

【デメリット】

・等級を上げることで、建築のコストも比例して上がる。

・注文住宅を検討中ならば、予算も含めて考えるべき。

・評価制度を受ける費用の相場は10万円~20万円程度。

 

 

 

住宅性能評価を取得する際には様々な手続きが必要となり、

 

どうしたらよいのかわからない事も多数あると思います。

 

そういった、お客様のご不安・ご心配ごとには、

 

弊社専門スタッフが解決のお手伝いをいたしますので、

 

お気軽になんでもお聞き下さい。

 

 

耐震等級って簡単にいうと何?

 

家を購入、建築する際によく聞く「耐震等級」ってあると思いますが、

 

一体「耐震等級」とはどういうものでしょう?

 

今回はその種類と内容について簡単にご説明致しますね。

 

 

 

まず、耐震等級とは「品確法」という住宅の品質確保を促進する

 

法律に基づいて定められた住宅性能表示です。

 

簡単にいうと、地震に対する強さをランク分けしたものです。

 

ただし、「建築基準法」とは耐震性の計算法などが若干違っていて、

 

家の購入者(建設の素人)の目安となるよう制定されています。

 

ですので、区分も3つだけのシンプルなものなんですよ。

 

 

 

【耐震等級1】

建築基準法の耐震項目について最低限を満たした状態といえます。

耐震等級1を満たす条件としては、震度5強の地震でも住宅に被害が出ず、

震度6強から7に相当する、数百年に一度起こる大地震に耐えうる強度を

持つように構造計算されています。

 

 

【耐震等級2】

耐震等級2の建物は、耐震等級1の耐える事のできる揺れに対して1.25倍の揺れ

に耐性がある建物です。

学校や、病院など大人数の人が集まる施設などは、耐震等級2以上を持っている

ことが基準とされています。

 

 

【耐震等級3】

耐震等級3の建物は、耐震等級1の耐えられる揺れに対して1.5倍の揺れに耐性が

ある建物です。

消防署や警察署など防災の拠点となる場所では、この耐震等級3を満たしている

ようです。

 

 

 

 

 

最近の住宅では「耐震等級3相当」という言葉も耳にする事がありますが、

 

これは「耐震等級3」とは異なります。

 

耐震等級の認定には、専門機関に数十万円の費用が必要となります。

 

認定料が高額なため、建築メーカーは耐震等級3相当の耐震性を

 

持っていることを自ら判定するのです。

 

家をご購入の際は注意深く説明を受けられることをお勧めします。

 

 

 

耐震等級については、等級が高い方が良いと分かりましたね!

 

いつ起こるか分からない地震に対して備える事は非常に大事です。

 

特に、熊本地震を体験した私たちだからこそ、

 

しっかり意識を高めて準備しておきたいところですね!

 

 

 

 

 

 

 

知ってると困らない! ローゼットとシーリングの違い

 

 

新居が決まり引越しの準備をしている時はワクワクですよね。

 

新しい家具、カーテン、照明器具など選ぶものがいっぱいです。

 

それぞれに選び方のコツがあるんですが、

 

今回は照明器具、ではなくて、

 

それを取り付けるための器具に注目してご紹介しましょう。

 

 

 

実は結構種類があり、間違えるとお気に入りの照明器具が

 

取り付けられなくなることがあるのです。

 

ローゼット/シーリングと呼ばれるものがそれです。

 

 

 

これは「角型引掛シーリング」

 

最近は減ってきていますが和室のペンダントライトに向いています。

 

最近定番の洋風シーリングライトは設置できない場合があります。

 

 

 

これは「丸型(フル)引掛シーリング」

 

和風洋風問わず、一般的な照明器具のほとんどが設置でき、

 

近年建てられた物件にはほぼ設置されています。

 

ただし、3.5kgまでのものに限られます。

 

そしてこの「丸型引掛シーリング」の両サイドに

 

フックが付いた形状のものをローゼットと呼びます。

 

「フル引掛ローゼット・引掛埋込ローゼット」などがあり、

 

3.5kg~7.0kgくらいの照明を取り付けられるのが特徴です。

 

突き出しているフック金具にネジを設置することで

 

それらの重量を支えるようにできてます。

 

 

 

次回は、家具とカーテン選び方のコツをお伝えしますね!

 

ご期待ください!