空いたマンションや戸建、売却と賃貸どちらがお得? デメリット編

 

前回、売却と賃貸のメリットをご紹介しましたが、

 

 

「もちろん」デメリットもあります。

 

今回はそちらをご紹介しますね。

 

 

賃貸のデメリット

 

・引越先と現住居で支払いが二重になる

  →入居者がいればローン残高は減っていきますが、建物はどんどん古く

   なっていきます

 

・空家だと賃料が入らない

  →いつ入居者が決まるかわからない状況での二重払いは不安がたくさん

 

・管理や維持にお金がかかる

  →固定資産税は継続します。その他設備トラブルや入退去に伴うクリー

   ニング費用や補修工事、壁紙張替など意外とお金がかかります。

 

・賃貸人都合での解約はハードルが高い

  →売却に切り替える場合、一般的に賃貸で入居中の方が金額は下がります。

   だからといって賃借人を退去させることはできません

 

・収入次第では次の物件が買えないことも

  →金融機関によって年収に対しての貸出割合が決まっているため、

   もう1本住宅ローンを組むことが難しい場合もあります。

 

 

 

売却のデメリット

 

・経費がかかる

  →売却時に色々な費用がかかります。住宅ローンを組んでいる方だと

   ・仲介手数料

   ・抵当権抹消登記費用等

   ・譲渡所得税(必要な場合と必要ない場合があります)

 

 

 

いかがでしたか?

 

前回のメリットと合わせて読んでいただいて、

 

どちらがお得になるのかしっかり検討していただきたいところです。

 

ともあれ、何もせずに寝かしておくのが一番もったいないですけどね。

 

悩んだときは私たちにご相談していただくのもアリかと。

 

ビジネス目線での的確なアドバイスをさせていただけると思います。

 

用途地域とは? 具体例編「第一種低層住居専用地域」

 

第一種低層住居専用地域とは、主に戸建て(一軒家)エリアになります。

 

いわゆる住宅街にあたる地域ですので、

 

住民の生活を守るための制限が課されているのが特徴です。

 

 

 

『特徴』

 

建物の高さが、10m(もしくは12m)までに制限されます。

 

また、敷地境界から建物の外壁までの距離を1m(または1.5m)離す

 

「外壁後退距離制限」も定められています。

 

 

 

『熊本市で定められた建ぺい率・容積率』

 

建ぺい率 40% / 容積率 80%

 

  

 

『用途制限』

 

住宅

共同住宅

寄宿舎

下宿

兼用住宅(一部制限有り)

幼稚園

保育所

小・中・高等学校

図書館

病院

一般浴場

老人ホーム等

  

※大規模な店舗や事務所の建築は認められておりませんので、

 

買い物や通勤などに不便を感じられる地域もあります。

 

 

皆様のお住まいの地域は如何でしょうか?

 

熊本市では、以下のサイトでお住まいの用途地域を確認することができますよ。

 

熊本市地図情報サービス

 

 

 

 

 

 

 

空いたマンションや戸建、売却と賃貸どちらがお得?

 

住まなくなって空いているマンションや戸建、ありますか?

 

ただ寝かしておくのはもったいないですよね。

 

維持費もバカにならないし、収入へと変換したいところですが、

 

実際、売却と賃貸ではどちらがお得なんでしょう?

 

ということで、今回から「売却」と「賃貸」を比較していきたいと思います。

 

早速、1回目としてそれぞれのメリットを比べますよ!

 

 

 

売却のメリット

 

・現金収入が入る

  →住宅ローンを完済できます。将来的な利息発生部分も抑えられます。

 

・維持管理費用がかからない

  →所有していると固定資産税、マンションなら管理費・修繕積立金、

   戸建でもメンテナンスは必要です

 

・新たに住宅ローンが組むことも可能

  →再度、欲しいと思ったタイミングで欲しい物件を購入できます。

 

 

 

賃貸のメリット

 

・入居中は賃料収入が入る

  →毎月安定した賃料が入ると安心ですね。

   熊本市内では住宅ローン支払い額よりも賃貸に出した場合の

   募集賃料の方が高いというケースがほとんどです。

 

・維持管理費用を経費計上可能

  →今まで払っていた維持管理費が節税の対象になります

 

・将来的に売却も可能

  →賃貸中や賃貸契約終了後といった、

   ご自身にあった時期の売り出しを選択可能です

 

 

次回は費用やデメリットや費用についてご説明します。

 

 

 

 

 

住宅ローン、変動金利と固定金利どっちがおトク? 「固定金利編」

 

皆様おまたせ致しました!

 

前回のブログに引続き今回は固定金利についてご説明させて頂きます!

 

 

 

【固定金利】

 

固定金利とは、住宅ローンを使用する際にあらかじめ決められた期間において

 

金利が固定されているタイプ。

 

固定金利には「固定金利期間選択型」、「全期間固定金利型」の2種類がある。

 

「全期間固定金利型」は、世の中の金利水準がどれだけ上昇しても、

 

金利の見直しがされない為返済額は変わらない。

 

「固定金利期間選択型」は、契約時に3、5、10年などの期間を選択する。

 

たとえば、固定金利10年を選択し、毎月の返済額が10万円の場合、

 

10年間は金利が固定されているので返済額は10万円のまま。

 

10年が過ぎた時点で再度金利タイプを選択する。

 

 

「メリット」

 

・金利が固定されているので毎月の返済額が変わる事がなく、安心。

 

・毎月の返済額が固定されているので返済計画が立てやすい。

 

 

「デメリット」

 

・変動金利より金利が高い為、毎月の支払額が多い。

 

・今後、低金利が継続されれば変動金利と比べると返済額が多くなる。

 

 

 

小さいお子様がおられる方やこれからお金を貯めていこうと考えておられる方は

 

全期間固定金利型をオススメ致します。

 

ご出産や教育資金には思ったよりお金が掛かりますし、ご出産後専業主婦になる

 

可能性があれば世帯収入が減る事もありえます。

 

全期間固定金利型を選択しておけば事前に返済額が変わらないので収支計画も

 

立てやすく安心です。

 

 

どちらの金利を選択されても良し悪しがありますね。

 

ご自身の生活状況などで選ばれた方が良いのですが、

 

大抵の方が初めて住宅ローンを利用されることになると思いますが、

 

どちらが結果的にお得になるのか悩ましい問題ですよね。

 

弊社では、お客様の生活プランに応じてどちらの金利を選択した方が良いか、

 

どのような借入れが良いのかなど、プロの視点でアドバイスいたします。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

住宅ローン、変動金利と固定金利どっちがおトク? 「変動金利編」

 

住宅を購入する際に、大半の方が住宅ローンをご利用されますが、

 

当然、その借入れ額に応じて「金利」が掛かりますよね。

 

この、「金利」に関するご質問が多かったので、

 

今回と次回の2回に分けてご説明したいと思います。

 

 

 

まず、「金利」には種類があります。

 

大きく分けて2種類。

 

【変動金利】 【固定金利】

 

言葉の感じで、ある程度の意味は察しがつくと思いますが、

 

ここでは少し詳しくご説明させて頂きますね。

 

今回は、【変動金利】を採りあげます。

 

 

 

【変動金利】

 

変動金利とは、借入れ金額の返済中に定期的に金利の見直しが行われるタイプ。

 

借入先の金融機関にもよるが、金利が一番低く設定されている事が多い。

 

金利は半年ごとに見直しが行われ、その上下によって返済額が増減するが、

 

返済額の変更は5年ごとに行われる。(借入先により違いがある)

 

ただし金利の見直しで返済額が増加したとしても、前回の25%増が上限。

 

たとえば、毎月の返済額が10万円だった場合、どれだけ金利が上昇していても

 

5年後の返済額の上限は25%増の12万5,000円となる。

 

ただし、実際は返済額が30%アップしていた場合、

 

残りの5%は免除されるわけではなく、次の更新時に繰り越される。

 

 

「メリット」

 

・金利が上がらなければ低金利で返済が出来る。

 

・固定金利より金利が低めに設定してある為、

 

 毎月の返済額を抑えることが出来る。

 

 

「デメリット」

 

・金利が上昇した場合、毎月の支払い額が上がる。

 

・金利が変動するので将来の返済額が確定せず、返済計画が立てにくい。

 

 

 

 

変動金利は金利が低い時期ならば好条件で住宅ローンの借り入れが出来ますね。

 

しかし、金利が上昇した場合は返済金額が上がります。

 

繰り上げ返済を行わないと毎月の返済額は減りませんし、

 

金利が低いとはいえ、いい事ばかりではなさそうですね(汗)

 

返済をしていく中で先月の支払いと今月の支払い額が違うケースがある為、

 

細かく金利を確認する必要があります。

 

 

ただ、借入れ先によって内容や条件は変わりますので、

 

さらに詳しい内容が必要であれば、お手数ですが弊社までお問合せ下さい。

 

担当者の方から丁寧にご説明いたします。

 

 

 

次回は固定金利をご説明しつつ、今回と比較してみたいと思います!

 

次回のブログもお楽しみに!!