住宅ローン、変動金利と固定金利どっちがおトク? 「変動金利編」

 

住宅を購入する際に、大半の方が住宅ローンをご利用されますが、

 

当然、その借入れ額に応じて「金利」が掛かりますよね。

 

この、「金利」に関するご質問が多かったので、

 

今回と次回の2回に分けてご説明したいと思います。

 

 

 

まず、「金利」には種類があります。

 

大きく分けて2種類。

 

【変動金利】 【固定金利】

 

言葉の感じで、ある程度の意味は察しがつくと思いますが、

 

ここでは少し詳しくご説明させて頂きますね。

 

今回は、【変動金利】を採りあげます。

 

 

 

【変動金利】

 

変動金利とは、借入れ金額の返済中に定期的に金利の見直しが行われるタイプ。

 

借入先の金融機関にもよるが、金利が一番低く設定されている事が多い。

 

金利は半年ごとに見直しが行われ、その上下によって返済額が増減するが、

 

返済額の変更は5年ごとに行われる。(借入先により違いがある)

 

ただし金利の見直しで返済額が増加したとしても、前回の25%増が上限。

 

たとえば、毎月の返済額が10万円だった場合、どれだけ金利が上昇していても

 

5年後の返済額の上限は25%増の12万5,000円となる。

 

ただし、実際は返済額が30%アップしていた場合、

 

残りの5%は免除されるわけではなく、次の更新時に繰り越される。

 

 

「メリット」

 

・金利が上がらなければ低金利で返済が出来る。

 

・固定金利より金利が低めに設定してある為、

 

 毎月の返済額を抑えることが出来る。

 

 

「デメリット」

 

・金利が上昇した場合、毎月の支払い額が上がる。

 

・金利が変動するので将来の返済額が確定せず、返済計画が立てにくい。

 

 

 

 

変動金利は金利が低い時期ならば好条件で住宅ローンの借り入れが出来ますね。

 

しかし、金利が上昇した場合は返済金額が上がります。

 

繰り上げ返済を行わないと毎月の返済額は減りませんし、

 

金利が低いとはいえ、いい事ばかりではなさそうですね(汗)

 

返済をしていく中で先月の支払いと今月の支払い額が違うケースがある為、

 

細かく金利を確認する必要があります。

 

 

ただ、借入れ先によって内容や条件は変わりますので、

 

さらに詳しい内容が必要であれば、お手数ですが弊社までお問合せ下さい。

 

担当者の方から丁寧にご説明いたします。

 

 

 

次回は固定金利をご説明しつつ、今回と比較してみたいと思います!

 

次回のブログもお楽しみに!!

 

 

 

 

 

知ってるとハナタカな「用途地域」って?

 

「用途地域」

 

不動産をいろいろと探していく中で、

 

意外とよく目にする言葉ではないでしょうか?

 

え、そうでもないですか?

 

もし始めて聞かれたのであれば、覚えていて損はないですよ。

 

 

 

 

用途地域とは、

 

第一種住居地域、商業地域、準住居地域…などなど

 

ぱっと見では意味がわかりにくいし、

 

なんだかたくさんある様で、ちょっと敬遠してしまいがちです。

 

という事で、今回は簡単に「用途地域」とは何か?

 

それにはどういう種類があるのか?をご説明したいと思います。

 

 

 

◇用途地域

 

市街地において、大枠で土地の使用用途を決め、

 

それに沿って利用するよう都市計画法で定められたもの。

 

これにより、その地域ごとに建物の使い道が決まっています。

 

(例えば、住宅地域に工場を建ててはいけない…等)

 

 

 

◇用途地域の種類

 

1 第一種低層住居専用地域

2 第二種低層住居専用地域

3 第一種中高層住居専用地域

4 第二種中高層住居専用地域

5 第一種住居地域

6 第二種住居地域

7 田園住居地域

8 準住居地域

9 近隣商業地域

10 商業地域

11 準工業地域

12 工業地域

13 工業専用地域

 

 

国土交通省ホームページより

 

 

 

地域によって様々なものがあり、まあまあ複雑ですが、

 

お住まいの地域がどの用途に当てはまるのか知っておくと、

 

ご近所の住居や施設を見ても、なるほど!と思う場面が出てくるかと!

 

次回は、一つ一つの用途地域について掘り下げて説明していきますね!

 

 

 

 

 

AI搭載!? スマート家電な照明器具!

 

前回のスイッチに続いて、電化製品シリーズです。

 

今回は私が買い物をしている時に欲しくて、欲しくて堪らなくなった

 

照明器具をご紹介いたします。

 

 

 

LEDシーリングライトMoreSmart

https://www.takizumi-denki.com/publics/index/342/

 

 

 

最近はやりのスマート家電というヤツです。

 

外出先からスマホで照明を点けたり消したり出来て消し忘れの心配がない!

 

電気の消し忘れで妻に怒られる事もなくなります。(経験談)

 

さらに凄いのは、この照明器具を通して他の電化製品ともリンクでき、

 

エアコンやTVなど赤外線リモコンで操作する家電を

 

外から操作できてしまう事なんです!

 

 

お家に帰り着く30分前にエアコンをオンして部屋を冷やしておくなんて、

 

夢のような機能が実際にこれで手に入ります。

 

 

 

 

 

・・・ヤバいですね。

 

謎解きクリエイター松丸君の自宅みたいですよ(笑)

 

 

 

 

最新家電ってめちゃくちゃテンションが上がりますね!

 

お値段もお手頃だったんで、私は欲しいものリストに入れました!

 

照明の交換時期が来たら一番に買いますよ。

 

 

なんと、ここでは定価の半額!!

 

 

 

商品紹介みたいでしたが、電器屋さんのまわし者ではありません(笑)

 

今後も気になる家電グッズがありましたら、私目線でご紹介しますね!

 

 

 

 

 

少しの工夫でこんなに変わる!? リフォームのコツ

 

中古住宅をリフォームして自分好みに!!という方、多いですよね。

 

でも、壁紙にフローリングも変えたのに何かイメージと違う…

 

設備も新しいものにしたのに…

 

 

 

こんな場合にチェックしてほしいポイントが、

 

「スイッチ」です。

 

照明器具を付け消しする、「スイッチ」

 

「なんとなくイメージと違う」といった原因に結構多いんです。

 

一日に何度も触れているので、日常に溶け込みすぎてて

 

ついおざなりになってしまいますが、

 

実は重要なポイントです!

 

 

 

pastedGraphic.png

 

例えば、これを

 

 

 

 

pastedGraphic_1.png

 

新しい感じがでてきます!

 

最近は白だけじゃなくて色々あるので探してみてもいいですね!

 

 

 

 

 

 

自宅を入居中に売却! 引越すタイミングって?

 

不動産の売却には、ご事情により入居中の売却

 

といったケースも全然あり得ます。

 

その場合、いつまでに退去すべきか判断に困るところです。

 

実際、そういったご質問をよく頂くので、

 

今回は、不動産売却の流れとともにご説明致します。

 

 

 

不動産の売却の大まかな流れは

 

  1. 購入検討者から購入申込書受理

   ↓

  1. 不動産売買契約

   ↓

  1. 決済と物件の引き渡し

 

上記のようになります。

 

 

具体的にご説明すると、

 

  1. 購入検討者から購入申込書受理

 

不動産業者等お客様から購入の意思を頂いた際所有者に伝えなければなりません。

 

購入金額、契約日、決済希望日、動産物など条件がいくつか書かれた申込書を

 

頂きますが、その申し込みを元にご判断頂きます。

 

 

  1. 不動産売買契約

 

両社希望の条件がマッチしたところで不動産の売買契約を行います。

 

引渡はいつまでにするのか、金額はいくらかなど細かく書かれた

 

売買契約書と重要事項説明書を宅地建物取引士から説明を受け、

 

署名捺印をしてそこで契約成立となります。

 

 

  1. 決済と物件の引き渡し

 

売主が不動産を引き渡す準備

 

買主が不動産を購入する準備

 

両社の準備が整い次第物件の引き渡しを行います。

 

その際買主より物件代金の残金を頂きます。

 

そして、それと引き換えに鍵をお渡しします。

 

つまり決済物件の引き渡しの遅くても前日までには引越して、

 

きれいにしておかなければなりません。(契約上猶予がある場合を除く)

 

 

弊社ではこういったケースの場合、

 

担当者が、売買契約から引渡しまできちんとスケジュール立てて

 

お手伝いいたしますので、ご安心下さいませ。